お得情報

VPS(デスクトップクラウド)がオススメな理由。

FX自動売買にはVPSがおすすめ|お名前.comで自動トレード

FXで自動売買をするには
MT4というFXトレードを
するフリーソフトを
ダウンロードする必要が
あります。

そしてMT4の中にEAと
呼ばれる自動売買用のプログラム
をセッティングして
自動売買を行います。

その際にMT4を使うために
パソコンの電源を入れて
MT4を起動させておかなければ
なりません。

FX自動売買をするのに
24時間365日パソコンの
電源を入れっぱなしにするのは
パソコンの消耗や停電などの
リスクが出てきます。

そこでVPSと呼ばれる
デスクトップクラウドを使い
インターネット経由で
パソコンの電源を入れなくても
Windows環境のパソコンを利用できる
サービスを使うのが
FX自動売買の基本となります。

今回はVPSを使う理由や
FXのおすすめVPSについて
記事を書いていきます。

↓↓お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちら↓↓


そもそもVPSとは?

VPSとは
「Virtual Private Server」の略で
「仮想専用サーバー」と訳します。

よく聞く「サーバー」と呼ばれるものは
ホームページやブログに
使われている「レンタルサーバー」で
共有サーバーのことを指します。

今回、説明するVPSは
仮想で専用サーバーを借りて
自分のパソコンと同じように
ソフトのダウンロードや
インターネットを使うことが
できるサービスになります。

自分のパソコンで
仮想専用サーバーにログインすれば、
電源を入れっぱなしの
仮想デスクトップをいつでも
見れたり、同様の性能を利用できる
ようになります。

なぜVPSを使うのか?

冒頭にも述べたように
VPSを使うことで
FXの自動売買の初期設定
をすればパソコンの電源を
入れる必要もありません。

パソコンを24時間365日
つけっぱなしの場合は、
パソコンの消耗や停電や
急なパソコンの故障があれば
パソコンが起動していないことに
なり、MT4を使うことは
できません。

長くFX自動売買でEAを
使うことを考えるのであれば
VPSを使うことをおすすめします。

おすすめVPS

私もFX自動売買にて
VPSを使っていますが
おすすめのVPSは
お名前.com デスクトップクラウド
になります。

お名前.com デスクトップクラウドは、
サーバー上の
デスクトップ環境を
提供するサービスです。

今はメモリ1GBプランを
使っていて、MT4を2つ
動かしています。

2個の場合は2GBプランを
推奨しているようですが
1GBプランで2個のMT4を
使っていても、
今のところ特に問題は
ありませんでした。

▼サービス特長▼
1.MT4などのFX取引ツールを自由に実行することが可能
2.24時間安定稼働
3.メモリ1GBで処理速度は抜群。快適に実行できます。

FXの自動売買ツールを
実行させるのに最適な
VPSです。

安定した環境で
24時間365日、
自動トレードが可能であり、

難しい設定は一切不要で、
初心者の方でもお手軽に
FX自動売買を始めることが
できます。

 

↓↓お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちら↓↓


お名前.COMの利用までの流れ

お名前.com デスクトップクラウドのお申込み
まずは右上の「お申し込み」を
クリックします。

お名前.com デスクトップクラウド
お申込み画面より
お好きなプランと
お支払い期間をお選びください。

FX自動売買の場合
プランは1GBプランで
十分です。

また、期間は長ければ
長いほど安くなりますが
一括決済になりますので
まずは1ヶ月払いで良いと
思います。

長く使う予定の方や
資金のある方は
長い期間を選んだ方が
安く済みます。

次にお名前IDをお持ちでない方は、
会員登録の上お進みください。

会員登録の際に
お支払い方法も選択します。

クレジットカード、銀行振込、
コンビニ払い、請求書支払い、
口座振替の5つの中から
選んでください。

お申込み確認・お支払いに関するメール
お申込み完了後、
お申込み確認メールと
お支払いに関するメール
が届きます。

料金のお支払い
お申込み時に
選択した支払い方法で
お支払い手続きを
行います。

お支払い期限は
お申込みより10営業日まで
となっています。

入金が確認され次第、
支払い完了のメールが送信されます。

サービス利用開始
弊社にて入金確認後、
1~2時間程度で設定完了となります。

設定完了後、
会員情報に登録されている
メールアドレス宛に
サービス設定完了の
お知らせを送信いたします。

お名前.com Naviへログインする
サービス設定完了メールに
ログインURLと会員IDが
記載されているので、
登録情報入力時に設定した
パスワードも併せて入力して
ログインします。

ログインしたら
少し下へスクロールして
「ご利用状況」の
「デスクトップクラウド」を
クリックします。

「プラン」の
「デスクトップクラウド for FX 1GB」を
クリックして続いて
「コントロールパネル情報」を
クリックします。

コントロールパネル情報に
・コントロールパネルURL
・アカウント名
・パスワード
が記載されています。

こちらが契約したVPSの
ログイン情報になります。

コントロールパネルへログインする
コントロールパネル情報の
コントロールパネルの「ログイン」を
クリックします。

ログイン方法は
いくつかあるようですが
私がいつもやっている方法を
紹介します。

「リモートデスクトップ」を
クリックして、
「RDPファイルをダウンロードする」を
クリックします。

ダウンロードファイルの中に
「WinRD」というファイルが
ダウンロードされていますので
そちらをクリック。

リモートデスクトップ接続の
画面になるので、「接続」を
クリック。

先ほどのコントロールパネル情報の
アカウント名のところに
パスワードを入力。

パスワードを入れてログインすれば
パソコンのデスクトップ画面に
なります。

その画面がVPSになります。

そのデスクトップの中で
MT4をダウンロードしたり
EAファイルをダウンロードして
FX自動売買の設定を
することができます。

通常のMT4の使い方や
EAの入れ方は同じです。

そのVPSの中でMT4を起動して
リモートデスクトップ接続だけ切れば、
パソコンの電源を入れなくても
VPS内でMT4が起動し続ける状態に
なります。

以上が
FXのおすすめVPSである
お名前.COMのVPSの使い方
記事になります。

↓↓お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちら↓↓

パソコン別設定方法

Windows をお使いの方
Windows パソコンでは何もソフトをインストールする必要はないです。

もともとパソコンに入っている「リモートデスクトップ接続」のツールを使います。

OSのバージョンによって探す方法は変わりますが、一番いいのは検索で「リモート」と入力すると出てきます。

それ以外では、[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[リモート デスクトップ接続]

の順で探すことができます。

ツールを見つけたら、「リモートデスクトップ接続」を選択して起動ましょう。

そうすると、こんな画面が出てきます。

ここでコンピュータ名を入力しますが、ここではコンピュータ名(IPアドレス)を入力します。

入力したら「接続」ボタンを押します。

コンピュータ名はお名前ドットコムから届いたメールのコンピューター名に記載されています。

コンピュータ名を入力したら、次は資格情報の入力画面です。

ユーザ名とパスワードを入力します。

これも、届いたメールの赤枠の部分に書いてあります。これを入力しましょう。

資格情報を入力したら、「OK」ボタンを押します。

すると右側の画面が警告として出てきますが、

「このコンピューターへの接続について今後確認しない」にチェックを入れて、

「はい」を選択します。

すると、お名前ドットコムに借りたもう一つの自分のパソコンを遠隔操作して使うことができるようになります。

接続が完了すると、VPSにアクセス完了し、自分のパソコンとしてあとは自由に使うことができます。

遠隔操作を終了したい時は、画面上部にある「ウィンドウを閉じるボタン」を押して終了するだけです。

普通にパソコンのアプリケーションの画面を閉じるのと同じですね。

VPSの方はシャットダウンしないようにしましょう。ずっと稼働するためのものなので。

Mac OS をお使いの方

Macbookなど、Mac OSをお使いの方はWindowsとは少し違った方法でリモートデスクトップを使います。

まず、こちらの「Microsoft Remote Desktop」アプリを使います。

こちらのリンクからインストールしましょう。

[appbox appstore 715768417]

インストールしたら、アプリを起動します。

するとこんな画面が立ち上がります。

黒い四角がありますが、これは僕がすでに作っている接続情報なので、隠しています。

画面左上の+(プラス)ボタンを押して、「Desktop」を選択しましょう。

すると、PC名を入れる画面が出てきます。

こちらにPC名を入れます。

PC名はお名前ドットコムから届いたメールのコンピューターの部分に書いてあります。

PC名を入れたら次はUser Accountを選択します。

ポップダウンから「Add User Account…」を選択しましょう。

User Nameと Passwordを入力します。

これも先ほどのメールのコンピューターの部分に書いてあります。

「ユーザ名」と「初期パスワード」の部分ですね。

入力が完了したら、「Save」を押してアカウント情報の入力は終わりです。

先ほどの画面に戻り、作ったアカウントが選択されています。

PC Name と User Account が入力されていることをかくにんして、

「Save」を選択します。

新しいデスクトップ情報が作成されます。

接続する際は、こちらをダブルクリックして選択しましょう。

接続しようとするとアラートが出てきますが、このまま「Continue」を押して接続を続けます。

接続が完了すると、VPSにアクセス完了し、自分のパソコンとしてあとは自由に使うことができます!

遠隔操作を終了したい時は、「ウィンドウを閉じるボタン」を押して終了するだけです。

普通にパソコンのアプリケーションの画面を閉じるのと同じですね。

VPSの方はシャットダウンしないようにしましょう。ずっと稼働するためのものなので。

スマホをお使いの方

スマホをお使いの方でリモートデスクトップを使ってVPSを使うには、アプリをインストールする必要があります。お使いのOSに合わせて、それぞれ下記のリンクからアプリをインストールお願いします。

iPhoneをお使いの方はこちら

[appbox appstore 715768417]

Androidをお使いの方はこちら

[appbox googleplay com.microsoft.rdc.android]

インストールできたら、アプリを起動します。

まず、左側の画面が立ち上がります。

黒い四角がありますが、これは僕がすでに作っている接続情報なので、隠しています。。

右上の「+(プラス)」ボタンを押しましょう

すると右側の画面にうつるので、「デスクトップ」を選択します。

次にPC名を入力し、ユーザーアカウントの「毎回入力する」となっているところをタップします。

右側の画面に移るので、「ユーザーアカウントの追加」をタップしましょう。

PC名はお名前ドットコムから届いたメールのコンピューターの部分に書いてあります。

次に、ユーザー名とパスワードを入力します。

これも先ほどのメールのコンピューターの部分に書いてあります。

「ユーザ名」と「初期パスワード」の部分ですね。

入力が完了したら、右上の「保存」ボタンを押します。

すると、デスクトップ情報の入力画面に戻るので、「保存」ボタンを押します。

右側の画面に移り、今回設定したデスクトップ情報が新しく追加されています。

VPSにアクセスする場合は、新しくできたデスクトップ情報をタップします。

リモート接続が始まります。

接続が完了すると、VPSにアクセス完了し、自分のパソコンとしてあとは自由に使うことができます!

設定や接続を終了する場合は、画面上の赤丸で囲ったアイコンをタップします。

画面上の操作はタッチパッドのようにして操作するのがデフォルトですが、

それだと細かい部分の選択が結構やりづらいので、設定の「マウスポインター」を選択すると、

マウスポインターが出てきて、パソコンのようにマウスで操作することもできます。

これは人それぞれの好みですが、僕はこちらをオススメしています。

遠隔操作を終了する時は、この画面の「セッションの終了」を押して終了します。

初期セキュリティ設定の注意!!ファイルダウンロードできない?

さぁ、ここまできたらあと少し!!!

VPSのセキュリティは高く設定されています。

そのため、初期設定ではインターネットから自動売買ツールなどのファイルをダウンロードできなくなっています。

ダウンロードできるようにするには、セキュリティ設定の変更が必要です。

ということで、VPSの初期設定をしましょう!

※ここからの設定はセキュリティ設定に関わるところなので、あくまで自己責任でお願いします。

僕はこの方法で設定しておりますし、公式サイトに書いてある方法で設定をしています。

まず、VPSに繋ぎ、左下にある「サーバーマネージャー」をクリックします。

するとこんな画面が立ち上がるので、「ローカルサーバー」をクリックしましょう。

ローカルサーバーの設定画面にうつるので、そこからITセキュリティ強化の構成の「有効」というところをクリックします。

ちょっと位置がわかりにくいですが、右にスクロールしたら出てきます。

すると、こちらのような画面が出てくるので、Administratorsグループ、Usersグループ共に「オフ」を選んで「OK」 をクリックします。

次にインターネットの設定にうつります。「windowsボタン」をクリックしましょう。

「Internet Explorer」をクリックします。

IEを立ち上げると、警告が出ますが、無視でOKです。

どこかのサイトに行きたい場合は、アドレスバーにURLを打ち込んだりしてネットサーフィンしてください。

話を戻しましょう。

右上の「歯車マーク」をクリックします。

「インターネットオプション」をクリックして、設定画面を開きます。

すると、こんな設定画面が出てくるので、「セキュリティタブ」を選んで、「保護モードを有効にする」のチェックを外して「OK」を押します。

警告が出てきますが、「OK」ボタンを押して閉じましょう。

設定を変更したので、このままネットサーフィンを続ける場合は「×ボタン」を押してIEを一度閉じて再起動してください。

これで初期設定は完了です!!

あとはネットでXMのサイトにアクセスしてMT4をダウンロードしたり、好きに使ってください。