パチンコの勝ち方(プロからの助言)

元パチプロ集団(群雄割拠の県NO1収支を上げる)のボスが語るパチンコの勝ち方第5話

皆さんこんにちは。

ブログ管理人のコウチャンです。

今日は

元パチプロ集団(群雄割拠の県NO1収支を上げる)のボスが語るパチンコの勝ち方第5話

という事でいよいよ終盤戦に入ってきています。

ここまでの内容を理解できているのであれば後はひたすら期待値がある台を回せば結果はおのずと付いてきます。

期待値がある台を打って負ける事も当然あります。

期待値は収束率というものがありますから。

これは数学的理論に基づいているため絶対です。

当たり回数なんて、関係ないんですよ。どうせみんな一緒になるんですから。

自分は引きが強いとか、俺は負けない、とか逆に引きが弱いとか、勝てないとかは確率に踊らされている発言です。

期待値=仕事量になるので、

1日2万5千円の台を打ち続けて負けている人。

1日1万円の期待値を打ち続けて勝っている人。

間違いなく負けている人のほうが優秀です。

プロならまず前者を雇い、優遇します。

収支なんて早かれ遅かれ、ほぼほぼ必ず付いてきます。

1年間毎日、勝てることやっていて、負けている人は1/1000ぐらいなんで早々いないです。

パチンコで勝ちたいのであれば期待値。これだけ意識集中です。

データのつけ方

ここでは、実際に自分が打った台の期待値を出していくためにデータのつけ方を紹介します。

データのつけ方といっても色々あります。

玉増えなど全て含めてボーダーを出したり、別に分けて細かく数値化したり。

今回は簡単な分かりやすい形で説明していきます。

理解できたでしょうか?

上記の説明では、自分が打った通常回転数を出します。

その上で技術介入要素で規定の玉より多く出した分は、そのまま期待値に上乗せができる。といった計算方法です。

ボーダー以上の台を回し続けて、尚且つ技術により玉を増やすことが出来れば、、、

期待値は右肩上がりになってきます。

期待値が高い台を打ち続ければ、、、当たりの確率という物はメーカー発表で決まっていますので、収束すれば限りなく収束率100%に近い数値が出ます。

※収束率100%という数字は理論上なることはありません。100に限りなく近づく。と捕えてください。

これは過去の実績一部分を抜粋したものです。

頭は初当たり回数。獲得は出玉。分母は何分の何で当たっているのか?平均玉は全ての当たりの玉を平均化したもの。○がついた数字は当たりの振り分けです。

メーカー発表の一回あたりの平均出玉とか比べてみると違いが分かる人はわかるし、回転数による収束のムラも分かります。

自分の回した回転数が収束すると、当たりも収束してきますので、それまでにコツコツやってきた

・ボーダー以上の台を回す。
・技術介入で規定より玉を増やす。

が収支となって帰ってくるわけです。

上記の画像はやり始めて一年目の収支表です。

見づらいかも知れませんが新人チームにしては上出来な数字ですね。

最初の一年はまともに稼動ができていなかったので、稼動日数も少ないし、人数もいませんのでこのぐらいの実績しか残せませんでした。

たとえば、1日2万円の期待値を出しているのであれば、100日間の集計は200万円稼いでいる収支になってくる。

300日間の集計は600万の収支になってくるのです。

簡単でしょう?

そんな事がわかると、1日に10万円負けようが10万円勝とうがなんとも思わなくなります。

どうせ+になるので。途中経過は収束率のムラです。もちろん上ムラは嬉しい事ですので喜んでいいと思います。

そして最後に勝つのも期待値追っている人だけです^^

見なくても分かります。

パチンコの世界も、1日(目先)の勝ち額や収支を追ってするものではありません。

期待値を追うしかないです。他はOUT。勝ち続けているの見たことないし、見栄張って勝ってるとか言う人が中にはいますが嘘ついてるのバレバレです。

スロットもパチンコも行き着く先は期待値しかないです。

方法がいくつもあれば迷うのかも知れませんが、期待値しかないので簡単すぎます。

その事を理解していないから、自分の中で何も根拠のないオカルトが出来てきます。

波とか、演出とか、その他もろもろ。

大金をなくす第一歩を踏み出していますね。

こういった方は中度の症状です。

弁護士に知り合いがいますが、パチンコで自己破産してくる人は、大きな声では言えませんがかなりの数みたいですよ。そうならないように期待値の勉強をしましょう。

期待値しかないという事に気づくと後はよりいい台の取り合いという事になります。

なのでこういった情報はパチプロから出回らないんです。

ライバルが増えるようなことはわざわざしません。

僕自身100~300万円で教えてくれという話もかなりの数が来ましたが全部跳ねました。

冷静に考えたら誰だって跳ねます。

おそらく1000万でも跳ねるでしょう。そんな目先のお金でパチプロをやっていては期待値という物が理解できていないのと一緒です。

300万円ぐらい、一ヶ月の稼動で抜けます。

別の地域でするならともかく同じ地域であったら、ライバルにしかならないですからね。

また雇われの従業員クラスだと、上からの指示で打っているだけの方が多いので、詳しくは分かっていない。という事もしばしばあります。

だけど勝つやり方をしているので負けないです。

上が優秀だと、人を回すのも上手いですからBOSSは安心して任せれますね。

僕の地域だと、店BOSSクラスになると内容まで理解して打っている人が多いですね。

従業員は、回るから期待値がある、回らないから辞めなければいけない。という感覚です。

極論、この考えだけでメモさえ取れれば負けないです。

人を雇って、稼ぐとなるとまだ覚えなければならないことが多くありますが、

ピンうちで稼ぐのであれば、今までの記事の内容で十分なのかなと思います。

昔は

僕が始めた時期もパチンコって遅いんですが、それでも大分稼がせてもらいました。

大きな声では言えませんが、そこらの社長クラスの年収は軽く越します。

それこそ昔は凄かったですよね。

年収億超えがチラホラいましたし、従業員の給料も日当7万円出しているチームをありましたから。

そりゃそうですよね。

その時代は攻略打ちなど実際にあったし(コピーとか)、期待値3万円台の台がぼろぼろ落ちているような時代ですから、昔からしている人達の事を本当に羨ましく思っていましたよ。

昔からチームのBOSSとしてしている人は、億ションとか余裕で買えたでしょう。

そんな時期に比べると僕がやり始めたときは糞といってもいいレベルです。

でもそれなりに稼げたのでパチンコには恩しかないですね。

腰はやられましたが。笑

パチンコを一生する?

もしパチンコを一年以内にやめる。とかパチンコはしない。という方には何にも意味のない記事ですのでスルーしてください。笑

逆にパチンコを趣味でしている人やパチンコを稼ぐ手段としていっている人。また時間つぶしなどで、ちょくちょくしている人にとっては価値のある記事になっていると思います。

どうせパチンコを長い目でしていくのであれば、勝つやり方していたほうがいいですよね。

負けるより勝つほうが、気持ちいいですから。

元々こういった記事出すつもりは無かったのですがたくさんの読者様たちから、パチンコの勝ち方あるなら教えてくれとか、本当なの?といった声などが上がりました。

僕自身パチンコのプロは卒業してますので、勝つやり方を教えたところで痛くもかゆくもありません。

辞めた理由は荒稼ぎできなくなったから。これが理由の全てです。

僕の思う荒稼ぎは、チーム全員が年収1000万円超えるために、色々な計画を立ててやっていましたが、規制問題でまず無理だと判断したために断念しました。

規制問題さえなければ、僕と同じ立ち場に順番にしていけばよかっただけの話でしたので時間の問題という感じでいたが、規制がかかるという話しが上がった時はかなり落ち込みました。。

それでかなりの収入を捨てることになりましたが、お金より目標が合ってやっていたので、その目標に届かないと思った時点で辞めたのは全く後悔していません。

いきなり収入なくなるので、正直多少は病みましたがそんな事でへこんでいても何の+にもならないのですぐに前を向きました。

結果はどうあれ、今現役で無いから包み隠さず教えれます。

現役ならまず教えてなかったでしょう。

という事で記事にしました。

また、稼ぎたいと思っている人達が非常に多いことにも多少なりともビックリしました。

個別で教えていくのはさすがに時間がないので無理です。ご了承ください。

そんな人達に何かできることは無いかなと考えていて、かなりの時間を費やしました。

もし僕自身が素人で、パチンコで稼ぎたいと思っていたらどんなものがあれば助かるだろう。

そういったことを考えて、当時の店ボスと会議を重ねた上でようやく答えが出ました。

それはパチンコデータをツール化する。という事です。

どういう事かというと、

・自身が打っている台のボーダーが出る。
・自身が打っている台の期待値が回転数(現段階では500回転単位)で出る。
・機種機種でのボーダーが分かる。
・止め打ち(技術介入要素)のマニュアルがある
・バージョンアップする仕組み(新しい機種のボーダーなど)
・期待値収支表
・勝率

 

このような仕組みをツール化することにより、打ち手が数字を入れ込んでいくだけで、自身の台の期待値=仕事量が出る事になります。

ここまでの記事で期待値の重要性がわかっている方にとっては画期的です。

自分の打っている台の期待値が分かれば、期待値が高い台を打ち続けていれば、負けないという事になりますからね。

このツールを使う事により、今打っている台は期待値がないから辞めよう。今打っている台は期待値が高いから打ち続けよう。という判断ができるようになります。

また技術介入要素を覚える事により、プロと同じうち方ができるようになるので期待値が跳ね上がります。

新しい機種がでた場合にも対応できる仕組みを作る予定ですので半永久的に使えるメリットもあります。

期待値を集計する事により自分が正しい事をしているという、心の支えにもなるし、数学的に収束していくとその通りになるという勉強にもなります。

またその日その日の打っている台に対しての勝率も出るようにするつもりです。

勝つことをし続けていれば収支は+に向かっていくので、面倒だけど肝ともいえる部分はツールに全て任せて、自身は楽しみながらパチンコを打つことができる。

というツールです。

技術介入要素は自身で覚えなければいけませんが、勝つためにしなければいけないことの答え合わせができるツールを開発する。という答えに至りました。

完全にオリジナルツールになりますので、他で出回ることは100%ありません。

しかし期間限定とか、数量限定にするつもりもありません。

このぐらいの手助けなら僕もできるかなと思って少し前からツール作成に取り掛かっています。

なので、たくさん通知が来るのですが、もう少し待ってください。

どうせ作るのであれば、出し惜しみはせず自分のノウハウを全て詰め込んだものにしたいため、店ボスなどと打ち合わせ、試行を繰り返し行っている段階です。

これは僕だけで作れる内容ではない為まだ時間がかかります。

その代わりこのツールがあればプロがやっている事は最低限できるように仕上げるつもりです。

忙しい合間をぬって全速力で作成に取り掛かっていますので、時間をください。

そして出来上がりを楽しみにしてもらえればと思います。

それまではパチンコ記事を読んで、パチンコをされる場合は、期待値などを考えて打つと負けにくくなるので負けている人や期待値など考えてない人は一度考えてみるのもいいかもです。

パチンコ屋は慈善事業ではありません。

しっかりと抜いてくる場面は抜いてきます。

というか抜いてくる場面が基本的で、還元は毎日ごくわずかです。

商売なので利益が出な店がつぶれますので仕方のない事です。

どうせパチンコに行くのであれば負けるより勝つほうがいいですので出来上がりをお楽しみにしていてください。

それでは、また時間があればパチンコ雑談でもして行こうかなと思います。

友だち追加